2011/09/07

有料老人ホームとは

有料老人ホームとは

最近人気が高まっているのが民間会社が運営している有料老人ホームです。特別養護老人ホームなど他の老人ホームとの一番の大きな違いは、比較的高額な費用がかかるというところでしょうか。

民間の会社が運営しているので、マンションを買う感覚に近いものがあるようです。費用はかかりますが、権利を購入できれば空き待ちをすることもなく、 立地や生活様式、必要なサービスは選択することができるのも大きなメリットです。

有料老人ホームはたくさんの形態に別れているので自分に合った形態を把握しておく必要があります。

有料老人ホームの種類

  • 健康型有料老人ホーム
    健康であることが前提なので介護が必要となった場合、契約を解除して退居することになります。
  • 住宅型有料老人ホーム
    介護が必要となった場合、訪問介護等外部のサービスを利用します。
  • 介護付有料老人ホーム(一般型)
    介護が必要となった場合、介護サービスは有料老人ホームのスタッフが提供してくれます。
  • 介護付有料老人ホーム(外部サービス利用型)
    介護が必要となった場合、有料老人ホームのスタッフが安否確認等を行います。介護サービスは委託先の介護サービス事業書が提供してくれます。

有料老人ホームは介護をどうするかによって、様々なタイプに別れています。今現在は健康だとしても将来のことも見据えたうえで、どのタイプを選択するかがポイントです。

入居時の条件

有料老人ホームは入居時の条件がそれぞれ定められています。入居時自立(介護の必要がない)、入居時要介護(介護の必要あり)、 入居時自立・要介護(自立して生活できる人も、介護が必要な人もどちらも入居可能です)、の3つに別れているので自分がどれにあてはまるか確認しましょう。



ビューティーライフNAVI